私達は、地域社会の企業が集まり、国および地方公共団体の住宅・宅地政策に協力し、
鹿児島における住宅・不動産・分譲マンション・宅地造成事業等の健全な発展を図り、社会福祉の増進に努めます。

新着情報News

新着情報一覧

  • 2020年1月22日

    鹿住協だより発行しました

    press_vol28
    令和初の正月を迎え、東京五輪やかごしま国体などのイベントも控える2020年のスタートを切る中、
    当会の新年会が先日開催されました。

    県知事や市長からも当会への期待にあふれるご挨拶を頂き、参加者の意欲も盛り上がる会となりました。

    2月には「不動産後見アドバイザー」講座を実施します。
    詳しい内容は「鹿住協だより」よりご覧下さい。

  • 2019年11月30日

    鹿住協だより発行しました

    press_vol27
    12月を前に、だんだんと肌寒い日が多くなってくる中、
    大阪市で全国住宅産業協会が開催されました。
    当会でも逆瀬川理事長夫婦はじめ23名が参加してきました。

    今回の鹿住協だよりでは全国大会の様子や、先日開催された設計コンペティションの結果、
    11月定例会の様子をご紹介しております。

  • 2019年11月11日

    「住宅設計コンペティション」公開最終審査

    2019年11月2日、鹿児島大学工学部稲森会館にて、
    9月までに集まった30作品の中から、
    選考された6作品の発表と審査が行われました。

    最優秀賞者プレゼン01 最優秀賞者プレゼン02 プレゼンの様子 発表者
    「鹿児島を楽しむための家」をテーマに、
    鹿児島の風土に合わせたものが発表され、

    最優秀賞に鹿児島県立短期大学 生活科学科の
    『街路住-鹿児島のふたつの街をむすぶ家』が、

    優秀賞に武蔵野美術大学 建築学科
    『蒸気源の家』

    早稲田大学 創造理工学研究科建築学専攻
    『しまなじみ』
    の2つが選ばれました。

    審査員 全員で
    選考会の後は、建築家堀部安嗣氏による講演会が開かれました。

  • 2019年10月1日

    鹿住協だより発行しました

    press_vol26
    大型の台風の影響で停電が長引く地域の様子が話題に上がる中、先日開催された9月定例会の様子をご紹介しております。
    9月24日まで募集していた住宅設計コンペティション「鹿児島を楽しむための家」も多くの応募があり、1次審査も行われました。
    鹿住協便りでは参加校を掲載しております。
    ぜひご覧ください。

  • 2019年7月9日

    住宅設計コンペティション「鹿児島を楽しむための家」開催!

    20190712
     

    当協会では「鹿児島を楽しむための家」として住宅設計コンペティションを開催致します。

    高校生/各種学生を対象に、鹿児島県内に家を建てることを想定した住まいの設計図を募集し、
    最優秀賞には賞金30万円が贈られます。

    9月24日締め切りで、11月2日に最終審査の結果を発表致します。

    詳しい内容は下記をご覧下さい。

    ⇒募集要項